不用品回収最安値検索

詳細ページ

スポンサーリンク


スポンサーリンク


1.ガスボンベの処分方法

1-1.使用済みのガスボンベの正しい捨て方

ガスボンベと言っても種類は豊富で、一般家庭でよく使うカセット式のガスボンベ(カセットボンベ)やキャンプなどで使うキャンプ用のガスボンベ、業務用で使用するLPガスボンベ(プロパンガスボンベ)などがあります。
どのガスボンベも正しい処分をしなければ火事などの災害に繋がってしまいますので、決められた正しい処分方法で捨てるようにしてください。

1-2.ガスボンベは何ゴミ?

カセットボンベは自治体によって捨て方が異なってきます。
ほとんどの自治体では危険物として取り扱っているので、「危険物の日」や「不燃ごみの日」、「有害ごみの日」などに出すことになります。
ゴミを捨てる際には、ガスボンベのガスを全て抜いた状態で捨ててください。
抜き終わったら袋に入れて集積所に出せるのですが、危険物と分かりやすいように袋に記載しておくようにしてください。

1-3.正しいガス抜き方法・穴開け方法

ガスボンベを捨てる時には、中のガスが残っていないかを確認してから捨てるようにしてください。
一番安全なガス抜きの方法ですが、ガス抜きキャップを使用してガスを抜く方法です。
最近のカセット式ガスボンベの蓋はガス抜きキャップとなっているので説明書を読んでから使用しましょう。
ガス抜きの際には、残ったガスが出てくるのでなるべく屋外でかつ火の元がない場所で行ってください。
ガス抜きキャップがない場合は、道路などにガスボンベの口を押し付けることでもガスを抜くことができます。
この時も周りに気を付けて行ってください。

1-4.ガスボンベに穴開けはいいの?

少し前までは使用済みのガスボンベに穴を開けてから捨てていました。
しかし、穴を開けた際に残ったガスが放出して事故が起きることがあったため、穴を開けるこはやめるようにとのことです。
事故が起きないためにも穴を開けることはやめましょう。

1-5.使用期限切れの新品・未使用のガスボンベの回収方法

ガスボンベを購入したけど使わなくて家の片隅に放置してしまっている人もいるかと思います。
長年放置しているとガスボンベが錆たり腐食したりと破裂する原因となります。
しかし、処分するにも錆てしまったガスボンベを自分でガス抜きするのは怖いですね。
そんな時には不用品回収業者を呼んで処分してもらうことをオススメします。
回収費用は3,000円前後と有料での回収となってしまいますが、事故が起きて自分の身に何か起きるよりは良いかと思います。

1-6.キャンプ用ガスボンベの回収方法

キャンプ用のガスボンベを捨てる際にもガスが残っていないか確認してから捨ててください。
ガス抜きの方法は上記で記載してありますが、しかし、キャンプ用のガスボンベは中が液体の物もありガス抜きが上手くいかない場合もあります。
そういう時に無理に穴などを開けてガスを抜こうとすると事故の原因になりかねないのでやめましょう。
コールマン製品のガスボンベなら、直営店に行き販売員に渡せば無料で回収してくれます。

1-7.LPガスボンベ(プロパンガスボンベ)の処分方法

業者が使用するLPガスボンベは、一般家庭で使用するガスボンベとは異なり高圧ガスとなります。
処分する際には、販売元に処分してもらうことが決められているので自分で勝手に処分せず、引き取り処分依頼しましょう。

スポンサーリンク


エリアから探す

北海道地方 北海道
東北地方 青森岩手宮城秋田山形福島
関東地方 東京神奈川埼玉千葉茨城群馬栃木
中部地方 新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡愛知
近畿地方 三重滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山
中国地方 鳥取島根岡山広島山口
四国地方 徳島香川愛媛高知
九州地方 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です。

不用品回収最安値検索

詳細ページ