不用品回収最安値検索

詳細ページ

スポンサーリンク


スポンサーリンク


1.雑貨・文房具の処分方法

1-1.いらない雑貨や文房具は寄付しよう

大掃除や引越しなどで以外と出てくる雑貨や文房具。
そんなに買ってるつもりは無くても、気が付くと10本20本と増えていて数えてみると50本を超える文房具があったりします。
未使用な物もあれば使いかけの物もたくさんあり、捨てるにもなんかもったいないと思って捨てられずにいる人もいるかと思います。
そんな人には寄付がオススメです。
セカンドライフでは処分費用は全く掛からないですし、寄付した雑貨や文房具はリサイクルされてワクチン募金になります。

1-2.分別して資源ごみへ

雑貨や文房具は分別すれば全て資源ごみとして捨てることができます。
ノートや手帳、鉛筆などは紙や木で出来ているので燃えるゴミですが、ビニールのカバーんばどが付いている物はカバーを外してから捨てましょう。
ボールペンやシャーペン、芯などは燃えないゴミとなります。
資源ごみとして出す際にはちゃんと分別してから出しましょう。

1-3.まとめて不用品回収業者へ

文房具や雑貨、それ以外の不要品をまとめて処分したい時には不用品回収業者に依頼してしまいましょう。
ゴミの分別も不要ですし、運び出しも業者の方で全て行ってくれるので手間なく簡単に処分することができます。
処分費用は処分する量によりますが3,000円から5,000円程度です。不要なものが多い場合などはトラック積み放題などを利用すると良いでしょう。

 

会社などで業務用の文房具などを大量に購入してしまい使いきれずにいる業者には、在庫処分専門の回収業者があるのでそちらを利用すると良いでしょう。

スポンサーリンク


エリアから探す

北海道地方 北海道
東北地方 青森岩手宮城秋田山形福島
関東地方 東京神奈川埼玉千葉茨城群馬栃木
中部地方 新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡愛知
近畿地方 三重滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山
中国地方 鳥取島根岡山広島山口
四国地方 徳島香川愛媛高知
九州地方 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です。

不用品回収最安値検索

詳細ページ