不用品回収最安値検索

詳細ページ

スポンサーリンク


スポンサーリンク


1.衣類の処分の仕方・方法

1-1.衣類は何ごみ?燃えるごみ?もえないごみ?

衣類は素材によってゴミの種類が変わってきます。
素材が麻、絹、綿であれば燃えるごみとなり、ポリエステル、レーヨン、ナイロンは燃えないごみとなります。
さらに、衣類に付いているボタンやファスナーなども取り外してから捨てなければいけません。
厳密に分けると上記のようなゴミの捨て方になるのですが、ちゃんと分けている人は少なくほとんどの人は衣類を燃えるごみとして出しているようです。
ただ市区町村によっては、布と紙ごみの日に出すなど捨て方が異なってくるのでごみとして出す前に役所や自治体に確認を取った方が良いでしょう。

1-2.衣類の捨てるタイミングは?

あまり着ない服でもいざ捨てるとなるといつか着るかもしれないと思い捨てにくいことはよくあると思います。
そのせいでクローゼットや押し入れの中が衣類で溢れてしまっていませんか。
衣類を捨てる時期は人それぞれ感覚が違うと思いますが、平均で2年から3年が1つの基準になるかと思います。
ただ衣類の種類でも時期は変わりますし、例えばTシャツなんかだと1シーズンで捨ててしまう人もいます。
逆にジャケットなんかだと5年以上使用している人がいます。
なかなか捨てるタイミングが掴めない人は衣替えなどのタイミングを目安にすると良いでしょう。
後は風水などを頼りにしてみるのも1つですね。

1-3.いらなくなった服を買い取りしてもらう

もう着なくなった服でも使用状態が良く、まだ着られる服であればリサイクルショップや古着屋で買取してもらうことができます。
ブランド物の服であれば高値で売ることができますし、新品・未使用でも査定金額はあがります。
ノーブランドの服でも基本的に買取をしてもらうことはできます。
店舗によって買取方法は違いますが、店頭に持ち込みをして買取してもらったり、ダンボールや袋などに積めて郵送で送る宅配買取など、後は店舗によっては主張買取をしてくれるところもあります。
査定の仕方は、衣類1着を査定するやり方と、衣類をまとめて重さで計算する2種類の査定の仕方があります。
これも店舗によってやり方は異なるので査定に行く前に店舗に問い合わせをすると無駄足にならずに済むでしょう。

1-4.不要な服を引き取りしてもらう

ユニクロやGU、H&M、無印では衣類の無料回収を行っています。
店内に回収ボックスが置いてあるので買い物ついでに不要な服を処分することができます。
どこで購入した衣類でも回収ボックス入れることができるので、ユニクロで購入した衣類をH&Mで回収してもらうことができます。
H&Mで回収してもらうと、500円分の割引クーポンを貰うことができるのオススメです。
ユニクロで回収した衣服は寄付という形になり、世界の難民への支援物資となります。

1-5.大量な衣類は不用品回収業者に依頼しよう

不要な衣類が大量にありすぎて処分できない場合は業者に依頼してまとめて処分してもらいましょう。
衣類1枚なら軽いですが、50枚以上になってくると一人で持つことが困難になってきます。
業者であれば1時間もかからずに全て回収してくれるので、手間なく処分することができるでしょう。
しかし、有料での処分となるので業者に依頼する際は、衣類以外にも不要な物を一緒に回収してもらうことをオススメします。
まとめて回収してもらった方が処分料金が安くなるからです。

スポンサーリンク


エリアから探す

北海道地方 北海道
東北地方 青森岩手宮城秋田山形福島
関東地方 東京神奈川埼玉千葉茨城群馬栃木
中部地方 新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡愛知
近畿地方 三重滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山
中国地方 鳥取島根岡山広島山口
四国地方 徳島香川愛媛高知
九州地方 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です。

不用品回収最安値検索

詳細ページ