不用品回収最安値検索

詳細ページ

スポンサーリンク


スポンサーリンク


1.無料でベッドを処分してもらう方法

ベッドを無料で処分する方法は、リサイクルショップに持ち込みをして引き取ってもらうか、買い替えの際にベッドの購入店に引き取ってもらうかになります。
リサイクルショップに持ち込みをして無料で引き取ってもらうか、もしくは買い取ってもらえる場合があります。
しかし、この場合は使用していたベッドが再利用できる物、利用価値のある物でなければいけません。
ノーブランドのベッドや使用感があるベッドなどは引き取りの対象外となってしまうので注意してください。
ベッドの買い替えの際に購入店でベッドを引き取ってもらうサービスを利用する場合は、購入店によって無料で引き取ってもらえる条件が変わってきます。
引き取りの対象商品を購入しなければいけませんし、いくら以上の物を購入しなければいけないなど条件が厳しい物もあるので購入する前に一度確認する必要があります。
無料での処分ではないですが、格安で処分する方法としては市(区)役所や自治体などに粗大ごみとして出す方法があります。
処分したいベッドの大きさで処分金額は変わってきますのが、だいたい1,000円から2,000円で処分してもらえることが多いです。
地域に持ち込み施設があり、自分で持ち込みができる場合などはさらに料金が半額になったりします。
ただ集積所や持ち込み可能施設までは自分で運ばなければいけないので手間がかかってしまいます。

スポンサーリンク


2.ベッド処分費用の相場価格比較表

ベッド本体(枠・フレーム)

大きさ 不用品回収業者 引越し業者 ベッド販売店
シングルベッド 6,000円~10,000円 4,000円~6,000円 無料~6,000円
セミダブルベッド 8,000円~12,000円 6,000円~8,000円 無料~6,000円
ダブルベッド 8,000円~12,000円 6,000円~8,000円 無料~6,000円
クイーンベッド 10,000円~14,000円 8,000円~10,000円 無料~6,000円
キングベッド 10,000円~14,000円 8,000円~10,000円 無料~6,000円

マットレス・ベッドマット(スプリング有)

大きさ 不用品回収業者 引越し業者 ベッド販売店
シングルベッド 6,000円~10,000円 4,000円~6,000円 無料~6,000円
セミダブルベッド 8,000円~12,000円 6,000円~8,000円 無料~6,000円
ダブルベッド 8,000円~12,000円 6,000円~8,000円 無料~6,000円
クイーンベッド 10,000円~14,000円 8,000円~10,000円 無料~6,000円
キングベッド 10,000円~14,000円 8,000円~10,000円 無料~6,000円

マットレス・ベッドマット(スプリング無)

大きさ 不用品回収業者 引越し業者 ベッド販売店
シングルベッド 3,000円~5,000円 4,000円~6,000円 無料~6,000円
セミダブルベッド 4,000円~6,000円 6,000円~8,000円 無料~6,000円
ダブルベッド 4,000円~6,000円 6,000円~8,000円 無料~6,000円
クイーンベッド 5,000円~8,000円 8,000円~10,000円 無料~6,000円
キングベッド 5,000円~8,000円 8,000円~10,000円 無料~6,000円

その他

大きさ 不用品回収業者 引越し業者 ベッド販売店
ウォーターベッド 3,000円~5,000円 4,000円~6,000円 無料~6,000円
エアーベッド 3,000円~5,000円 6,000円~8,000円 無料~6,000円
二段ベッド 8,000円~12,000円 6,000円~8,000円 無料~6,000円
パイプベッド 8,000円~12,000円 6,000円~8,000円 無料~6,000円
ベビーベッド 3,000円~5,000円 4,000円~6,000円 無料~6,000円
ソファーベッド 8,000円~12,000円 6,000円~8,000円 無料~6,000円

スポンサーリンク


3.ベッドの処分方法について

3-1.市(区)役所・自治体に粗大ごみとしての出し方・捨て方

ベッドやベッドマット(マットレス)を市役所や区役所、地域の自治体に粗大ごみとして出す場合には事前に申し込みが必要となります。
地域によって申し込み方法は異なりますが、電話での申し込みか、インターネットでの申し込みになります。申し込みの際には、粗大ごみを出す住所、ベッドの種類・大きさ、氏名、電話番号を伝える必要がありますので、申し込みをする前にベッドの種類と大きさは確認しておきましょう。
ベッドの種類と大きさを伝えると処分金額と収集日を教えてもらえます。地域によっては処分の際に必要な物を伝えられる場合があります。収集日までには準備しておきましょう。
地域によって準備する物は異なりますが、ごみ処理券やゴミシールと言った物が必要なることが多いです。処分金額分のごみ処理券をコンビニや郵便局などで購入して、収集日までに回収してもらうベッドに貼っておきましょう。
収集日の朝8時までに集積所や家の前に出しおけば回収してもらえます。部屋から運び出しが困難な場合でも、役所や自治体の人は部屋からの引き取りはしてくれないので注意してください。解体が必要な場合などは自分で解体をしなければいけません。
地域に持ち込み可能がごみ処理施設がある場合は、自分で持ち込みをすれば通常の回収よりも安い金額で処分してもらえます。
地域によっては無料で処分してもらえるところもあるので確認してみましょう。持ち込みの場合も事前に申し込みが必要な時がありますので、一度持ち込みをする前に確認しましょう。

3-2.不用品回収業者にベッドを処分してもらう方法

ベッドやベッドマット(マットレス)を不用品回収業者に引き取り・処分してもらい場合は、まず業者に連絡をして見積もりを取りましょう。見積もりの際にはベッドの大きさや種類、建物(一戸建てかマンション・アパート)、ベッドが置いてある階などをしっかり伝えましょう。
業者によって回収金額がかなり異なってきますのでなるべく安く見積もりをしてくれる業者を選ぶことをオススメします。不用品回収業者を利用するメリットとして、回収を依頼してから対応してくれるまでが速いということです。
業者によりますが、当日対応・即日対応など電話をしたその日のうちに回収に来てもらえます。早く処分したい人にはとても便利だと思います。
後、業者に依頼をすれば部屋からの運び出しや、ベッドの解体なども行ってくれますので手間がかかりません。解体は別料金としている業者もいますので、解体が必要な場合は見積もりの段階で伝えておくとトラブル防止になります。

3-3.リサイクルショップでベッドを買取処分してもらう方法

リサイクルショップでベッドを買取処分してもらうには査定をしてもらわなければいけないのですが、ほとんどの場合、店頭まで持っていかなければいけないケースが多いので手間はあるかと思います。
わざわざ持って行っても査定金額が付かなかった場合は持って行くだけ損してしまうので、持って行く前に買い取りをしてもらいたいベッドを自分自身で確認してみましょう。
買い取りの際の査定ポイントとして、まずベッド自体に価値や需要があるかどうかが重要になってきます。ブランド物であれば価値は付くのですが、ノーブランドだとほとんど価値は付きません。
次に使用年数や汚れや痛みなどがあるかどうかが重要になります。ベッドマットであればスプリングが弱くなっていないか、ヘコみがないかなどチェックされます。ベッド本体(枠・フレーム)だと傷が付いていないかを見られます。
このように査定ポイントは多くあるのですが、使用状況が良いベッドなどはしっかりと査定され買取されます。

3-3-1.不用品として処分する前に

ベッドやベッドマット(マットレス)を不用品として処分する前に、処分しようと考えてる物がまだ使える物であれば「不用品」としてではなく「不要品」としてリサイクル処分をすることをオススメします。
リサイクル処分というのはリサイクルショップや海外へ輸出を行っている業者に買取・引き取りをしてもらうことです。使用年数が少ないベッドや、ブランド品のベッド、利用価値のあるベッドなどであればリサイクルできます。

3-4.引越し時にベッドを処分する方法

引越しの時にベッドなどの家具を買い替えた際に古くなったものを処分したい場合などは引越し業者に処分してもらうと手間がなくて良いでしょう。
引越し業者によってはベッドの処分をしてもらえない業者もあるので、引越しを申し込む前に確認をしておきましょう。
申し込みは引越しの申し込み時か見積もり時に伝えれば処分料金を教えてもらえます。引越しの当日にベッドを処分してもらうことができるし、自分で処分する手間もないのでとても便利で楽だと思います。
引越し業者に依頼しない場合だと、市役所や区役所、地域の自治体などの行政機関に粗大ごみとして処分を依頼する方法になります。
この場合は、指定の集積所か持ち込み施設に自分で運ばなければいけません。ベッドの解体が必要な場合も自分でしなければいけないので手間はあるかと思います。
逆に不用品回収業者に回収に依頼をすると手間は一切なく処分することができます。ベッドが置いてある部屋から業者が運び出しをしてくれますし、解体が必要な場合は解体からしてもらうことができます。
即日対応をしてくれる業者もいますので、急ぎの方や手間なく処分したい方などにはとても便利だと思います。

3-4-1.引越し業者にベッドの処分を依頼する方へ

引越しの前日まではベッドを使用したい。引越し先では新しいベッドを使用したい。そんな時に引越し業者にベッドを処分してもらうのがオススメです。引越し業者であれば引越しの当日にベッドを引き取り・処分をしてもらえます。自分で運び出しをする手間もないですし、ベッドの解体をする必要がありません。全て業者が行ってくれます。

3-4-2.各引越し業者のベット処分について調べました。

3-5.ベッドの買い替え時に古いベッドを処分する方法

引越しの時にベッドなどの家具を買い替えたりした場合に、古くなったり、使わなくなったベッドの処分などでなるべくお金をかけたくないので無料で処分できたり、格安で処分したいと思いますよね。
買い替えであれば無料で処分する方法はあります。ニトリや無印良品などのベッド販売店で引き取りや廃棄してくれる場合がございます。
まずはベッドを購入する前に、処分しようと考えているベッドをどこで購入したかを調べておきましょう。そして、ベッドの購入先でベッドの処分を無料で行ってくれるかを問い合わせしておきましょう。お店によっては無料で処分してくれますが、処分のみは難しいので注意してください。
買い替えはしないけれどベッドを処分したい場合は、市(区)役所や自治体に粗大ごみとして出すのが処分費用を一番安く済む方法になります。
ただ粗大ごみとして出したり、持ち込みをする場合は自分で運ばなければいけないので少し手間は掛かってしまいます。
自分で運ぶ手間はなくしたい人には、不用品回収業者に依頼すると良いでしょう。回収料金は粗大ごみとして出すよりは高くなってしまいますが、部屋からの運び出しや解体なども行ってくれるのでとても楽に処分できます。
引越しの日に処分したい場合は引っ越し業者に処分してもらうと良いでしょう。これも粗大ごみとして処分するよりも処分金額は高くなってしまいますが、引っ越しの日にまとめて処分できるというメリットはあります。

3-5-1.各ベッド販売店の引き取りについて調べました。

エリアから探す

北海道地方 北海道
東北地方 青森岩手宮城秋田山形福島
関東地方 東京神奈川埼玉千葉茨城群馬栃木
中部地方 新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡愛知
近畿地方 三重滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山
中国地方 鳥取島根岡山広島山口
四国地方 徳島香川愛媛高知
九州地方 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

こちらの記事も人気です。

不用品回収最安値検索

詳細ページ