不用品回収最安値検索

詳細ページ

スポンサーリンク


スポンサーリンク


1.引越し業者の不用品回収費用の相場

引越し業者によって回収方法や回収費用は異なってきます。
例えば家電4品目の回収に関しては業者の方でリサイクル券を用意してくれるところもあれば、引越し当日までに自分で用意をしなければいけないところもあります。
家具類だと回収を行ってくれる業者と行ってくれない業者でわかれたりします。
回収費用も業者によって異なるので、大手引越し業者の回収費用を比較できる表を記載したので参考にしてみてください。

クロネコヤマト

ベッド

冷蔵庫(4ドア)

冷蔵庫(2ドア)

洗濯機(7㎏)

16,250円~29,640円

3,000円

3,000円

3,000円

※別途リサイクル料金
※ベッドの回収費用はサイズによって異ります。

 

アリさんマークの引越社

ベッド

冷蔵庫(4ドア)

冷蔵庫(2ドア)

洗濯機(7㎏)

4,000円~10,000円

10,368円

9,288円

6,912円

※リサイクル料金込み
※ベッドの回収費用はサイズによって異ります。

 

サカイ引越センター

ベッド

冷蔵庫(4ドア)

冷蔵庫(2ドア)

洗濯機(7㎏)

回収不可

無料

無料

無料

※別途リサイクル料金
※ベッドの回収費用はサイズによって異ります。

 

アート引越センター

ベッド

冷蔵庫(4ドア)

冷蔵庫(2ドア)

洗濯機(7㎏)

回収不可

8,316円

6,804円

5,292円

※リサイクル料金込み
※ベッドの回収費用はサイズによって異ります。

 

日通

ベッド

冷蔵庫(4ドア)

冷蔵庫(2ドア)

洗濯機(7㎏)

回収不可

回収不可

回収不可

回収不可

※ベッドの回収費用はサイズによって異ります。
※日通に不用品回収を依頼すると提携業者を紹介されます

スポンサーリンク


2.引越し時の不用品回収方法

引越しをする時には、家具や家電の買い替えをする1つのタイミングになるので、古くなった家具や家電を処分したい人も多いかと思います。
しかし、冷蔵庫や洗濯機などの大型家電や、タンスやベッドなどの大型家具などは一人で処分するのが困難ですよね。
大型家具・家電などの処分は不用品回収業者に依頼するか、引越しと同時に引越し業者に依頼するのが手間なく処分できる方法になります。
不用品回収業者に依頼しても良いのですが、引越しと同時に処分することで効率的に処分することができるので引越し時に不用品を処分するのであれば引っ越し業者にまとめて依頼することをオススメします。
ここでは引っ越し業者に不用品回収を依頼する方法やメリット・デメリットなどを紹介していきます。

2-1.引越し業者に依頼するメリット・デメリット

不用品回収を引越し業者に依頼するにもメリット・デメリットはあります。
下記に記載してあるので参考にしてみてください。

2-1-1.メリット

①処分する手間がない

引越し業者に引越しと不用品処分をまとめて依頼することで2度手間がなくなりますすし、引越し当日まで使用したい物も使用することができます。

②不用品回収業者よりも処分料金が安い場合がある

不用品回収業者は出張費無料としている業者がほとんどですが、実際には作業代に出張費が入って請求されることがほとんどです。その点、引越し業者であれば引越し作業がメインになるので出張費などは取られることがありません。なので不用品の処分代のみを考えたら引越し業者の方が安くなる場合がほとんどです。引越し業者によっては無料で処分してくれる業者いますし、小物類であれば引越し当日に処分を依頼してもサービスで引き取ってもらうことができたりします。

③引越し業者の方が融通が利く

引越し業者は引越し作業がメインなので、引越しの作業台が利益になります。不用品回収を依頼されたからと言って、不用品回収で利益を取ることはほとんどありません。業者によっては引越し作業代に処分代まで含まれているところもあります。なので引越し当日に処分をお願いしたとしてもある程度の物であれば無料で引き取ってくれるということです。

④買取サービスも利用できる

引越し業者によっては不用品の買取サービスを行っているところもあります。再利用できる家具や家電などであれば査定をしたうえで買取してもらうことができます。

2-1-2.デメリット

①急ぎの処分には向いてない

引越し業者に不用品回収を依頼した場合には引越し当日までは回収してもらうことができません。もし急ぎで処分したい場合などは不用品回収業者などに依頼をした方が良いでしょう。

②処分してもらえない物がある

業者によって異なりますが、土や砂利・砂・コンクリートは基本的に断れられる場合がほとんどです。他にはパソコンや金庫・仏壇なども断れれます。

③引越し業者によって対応が異なる

メリットの部分で融通が利くと書きましたが、業者によっては全くあ融通が利かない業者もあります。見積り通りの作業しか行わなかったり、見積り金額以上のことはしないと決めている会社もあるそうです。

2-1-3.注意点

①業者によって処分費用が違う

引越し業者によって処分費用は大きく変わってきます。業者側で再利用環境が整っているか、処分環境が整っているかで変わってくるのです。なので引越しと同時に不用品回収をしてもらいたい場合には見積り時に必ず伝えたほうが良いでしょう。

②荷物を明確にする

引越し業者に不用品回収を依頼した場合に、引越しの荷物と処分する荷物は同じトラックに積まれることがほとんどです。なので引越しの荷物と処分品とで明確に分けて置かないと業者がわからなくなってしまう可能性があります。口頭だけで済ませるのではなく、印などをつけてわかりやすくしておくことをオススメします。あと、引越し後の荷物の確認は必ず行いましょう。

2-2.引越し業者に不用品回収を依頼する方法

引越し業者に不用品回収を依頼する時は、引越しの申し込み時か見積り時に伝えましょう。
業者によっては不用品回収なのか、不用品買取なのかを聞かれることがあります。
なので予め処分したい物が買取出来そうなものなのか確認しておいたほう良いでしょう。
買取対象となる目安ですが、家電だと製造から3年~5年が目安となり、家具だと5年以内が目安となります。
あくまで目安なので必ず買取対象になるわけではありませんのでまずは見積りしてもらうと良いでしょう。

2-2-1.引越し業者を選ぶ

業者によってサービスの種類も不用品回収費用も異なるので自分に合った業者を選と良いです。
大手の引越し業者を何社か記載してあるので参考にしてみてください。

・クロネコヤマト
・アリさんマークの引越社
・アート引越センター
・サカイ引越センター
・日通

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です。

不用品回収最安値検索

詳細ページ