不用品回収最安値検索

詳細ページ

スポンサーリンク


スポンサーリンク


1.タイヤの処分方法

1-1.タイヤは粗大ごみとしては出せない

タイヤはどの自治体でも粗大ごみとして出すことができないので気を付けてください。
一見すると処分できそうな感じはするのですが、タイヤの中に「ピアノ線」が入っているのが処分できない理由だそうです。
なのでタイヤを廃棄・処分したい場合には専門の業者を利用して処分しましょう。
処分方法は下記に記載したので参考にしてみてください。

1-2.カー用品店に持ち込みをして処分してもらう

カー用品店のオートバックスやタイヤ館に持ち込むことでタイヤを処分してもらうことができます。
処分料金は店舗によって異なるので持ち込む前に確認すると良いでしょう。

1-2-1.オートバックスでタイヤを処分する

オートバックスの店舗に直接持ち込むことでタイヤを処分してもらうことができます。
タイヤの大きさ(インチ数)で処分料金は変わりますが、1本300円前後になります。
ホイールからタイヤを外すことが必要な場合には別途、脱着量で1本1,000円前後の工賃を取らてしまいます。
なので1本あたり1,300円で処分できることになるので、車1台のタイヤ処分量は5,000前後になるかと思います。

1-2-2.タイヤ館でタイヤを処分する

タイヤ館の店舗に直接持ち込みをしてもタイヤを処分してもらうことができます。
タイヤ1本あたりの処分費用は250円からとなっていますが、サイズ(インチ数)によってことなるのでサイズを調べてから持ち込むをすると処分費用がわかるかと思います。
ホイールからタイヤを外す工賃がタイヤ館でも発生します。
工賃はタイヤ1本で1,000円となるのでオートバックスと同じ金額ですね。
処分料金もオートバックスで変わらないので、車1台あたりのタイヤ処分費は5,000円前後になります。

1-3.ガソリンスタンドに持ち込みをして処分してもらう

カー用品店以外にもガソリンスタンドでタイヤを処分してもらうことはできます。
タイヤの処分費用もホイールからの取り外し費用も、カー用品店とあまり変わらないかと思います。

1-3-1.エネオスでタイヤを処分する

エネオスのスタンドにタイヤを持ち込むことでタイヤを処分してもらうことができます。
タイヤの処分料金は1本あたり350円前後になります。
ホイールからの取り外し費用は1本1,000円になります。
カー用品店と比べても処分費用に差がないので、自宅を近いほうを選ぶのが良いかと思います。

1-4.廃タイヤを不用品回収業者に引き取りしてもらう

不用品回収業者に依頼をすれば廃タイヤを自宅まで取りに来てもらうことができます。
タイヤのみでも、アルミホイール付きタイヤでも回収してもらえるので取り外しの手間もなく回収してもらうことができます。
ただ回収料金は、アルミホイール付きタイヤであれば無料で回収してもらえますが、タイヤのみだと4本で5,000円くらいかかってしまいます。
ホイールがアルミではなく、スチールホイール(鉄チン)・鉄ホイールだと回収料金が5,000円前後かかってしまいます。

1-5.タイヤの処分費用相場

上記で紹介したカー用品店、ガソリンスタンド、不用品回収業者処分料金を比較してみましょう。
オートバックス・・・処分費用 タイヤ1本300円前後 
          脱着費用 タイヤ1本1,000円
          合計 4本5,2000円前後

 

タイヤ館・・・処分費用 タイヤ1本250円前後 
       脱着費用 タイヤ1本1,000円
       合計 4本5,000円前後

 

エネオス・・・処分費用 タイヤ1本350円前後 
       脱着費用 タイヤ1本1,000円
       合計 4本5,350円前後

 

不用品回収業者・・・処分費用 タイヤ4本5,000円
どこで処分しても処分費用にあまり変わりないようです。

1-6.古タイヤをリサイクルショップで買取してもらう

使用済みのタイヤでもリサイクルショップに売ることは可能です。
ただ買取対象となるのはあくまで走行できるタイヤが前提にになるので、ひび割れや溝が無くなってしまったタイヤなどは査定してもらうことができません。
自分のタイヤの状況を確認してから査定に持ち込むと良いでしょう。

1-7.タイヤを無料で処分する方法

無料で処分したいのであれば、スクラップに持ち込むことで無料で処分することができます。
アルミホイール付きタイヤであれば1本あたり500円から800円で買取をしてくれるので、リサイクルショップで売るよりもお金になることもあります。

1-8.アルミホイール付きタイヤの処分方法

アルミホイール付きタイヤでタイヤのみを処分したい場合には、自分で外すか、カー用品店などで外してもらってから処分することになります。
ホイールごと処分するのであれば、外す必要がないので手間もなく処分費用もかからずに処分することができます。

1-9.二輪車・バイクタイヤの処分は

バイクのタイヤの処分方法は車と少し異なります。
別ページで処分方法を記載していますのでそちらを参考にしてください。

1-10.原付・スクータータイヤの処分は

原付のタイヤも処分方法が異なります。
別ページで処分方法を記載していますのでそちらを参考にしてください。

スポンサーリンク


エリアから探す

北海道地方 北海道
東北地方 青森岩手宮城秋田山形福島
関東地方 東京神奈川埼玉千葉茨城群馬栃木
中部地方 新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡愛知
近畿地方 三重滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山
中国地方 鳥取島根岡山広島山口
四国地方 徳島香川愛媛高知
九州地方 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です。

不用品回収最安値検索

詳細ページ